全ステージ71.4km を完歩するための情報


ランチウェイ コース    

Access交通案内



■航空機
中標津―札幌(新千歳)線 1日3便運航  60分
中標津―東京 (羽田)線 1日1便運航 100分

女満別―札幌 (丘珠)線 1日3便運航  60分
女満別―札幌(新千歳)線 1日5便運航  60分
女満別―東京 (羽田)線 1日5便運航 110分
女満別―名古屋(中部)線 1日1便運航 120分

釧路―札幌(新千歳)線 1日3便運航  60分
釧路―札幌 (丘珠)線 1日3便運航  60分
釧路―東京 (羽田)線 1日5便運航 100分

■バス(深夜直行バス&都市間バス)
札幌―中標津 (根室交通) 1日1便、約8時間
札幌―釧路 (阿寒バス) 1日3便、約6時間
釧路駅前―中標津(定期路線バス/阿寒バス)
1日平日5便、土日祝日2便、120分
※根室交通:0153-24-2201
※阿寒バス:0154-37-2221

■JR列車
札幌~釧路 特急スーパーおおぞら 1日7便
   
   
   



Trail Sign
道案内は地図と標識

北根室ランチウェイの標識は国立公園等の規制のある場所を除き、さまざまな標識が必要最低限設置してあります。
標柱、矢印マークなど形状は色々ですが、色はエンジ色に統一しました。でも地図は必携です。



マンパス Man Path
柵を越えて牧場を通過

開陽台からレストラン牧舎までは数多くの「マンパス」が存在します。家畜を通さず、人間だけが通れるゲート/柵囲いです。
知恵を絞って通過してください。


マンパス

Transport Service
送迎サービス

例えば、A地点(開陽台)から
養老牛温泉(ゴール地点)まで歩きたい時

送迎サービスを依頼して、養老牛温泉(B)の待ち合わせ場所(駐車場所)を確認後、マイカー(orレンタカー)を駐車する。
その後タクシー乗車、A地点(開陽台)に移動してトレッキングを開始、B地点(ゴール/養老牛温泉)まで歩く。
申込み、駐車、待ち合わせ場所など詳細は上記まで。なお前日までの予約がベストです。

お問合せは 北都ハイヤー TEL:0153-72-1222(営業AM7:00から)

PDF 版の「北根室ランチウェイの歩き方」はこちらでダウンロードできます



安全にトレッキングを楽しむために

1.登山と同じ心構えと装備で通行下さい

北根室ランチウエイは、比較的なだらかな根釧台地の丘陵地帯と西別岳周辺、摩周外輪山周辺の登山道からなっています。
丘陵の酪農地帯は車道や民家がありますが、登山道は標高800m近くを歩きます。通常の登山と同じ心構えと装備でご利用ください。
あなたの安全はあなた自身で守ってください。
なお、最低限度の装備は以下の通りです。晴天・日帰り時でも装備を怠らないようにして下さい。
トレッキングシューズ、雨具、行動食、予備食、飲み物(夏場は特に多めに)、 ルートマップ、救急用品、携帯電話または無線機、それぞれの予備電池


2.トレッキング時は、ルートマップ(無料)を必ず携帯ください

無料配布のルートマップはステージごとの中継点かランチウエイ事務所にありますのでお求めください。
安全なトレッキングを楽しむために、必ずルートマップ、ガイドの手引きを入手し事前に最新のコース情報を収集の上、計画を立てて下さい。

ルートマップはここからダウンロードできます。
ルートマップStage1/2 ルートマップStage3/4 ルートマップStage5/6




3. ガイド派遣をご利用下さい

初めて北根室ランチウエイを利用される方は、ガイドを伴ったトレッキングをお奨めしています。安全な歩行を提供するだけでなく、 この地域の自然・文化等をより詳しく知ることができ、安全にトレッキングを楽しむことができます。
なお、ガイドの派遣はランチウエイ事務所、または北海道ウォーキングネットワークに問い合わせください。
北根室ランチウエイ事務所 0153-73-7151, 0153-73-7107(佐伯)  
北海道ウォーキングネットワーク 015-482-1602


ランチ君

北根室ランチウェイの体幹を体感するモデルコース

Suggested 2days Plan / 39.8km2泊3日で

DAY1/美留和駅~西別岳山小屋(第5,6ステージ)

朝の冷気が残る森を歩いて2時間15分足らず、摩周湖第一展望台に到着する。トイレや売店もあるので、小休止には便利だ。湖を取り巻くトレイルは摩周岳、西別岳に向かう登山客で賑わうコース。
摩周岳分岐までは緩やかなアップダウンの繰り返しで、湖と広がる丘陵が楽しめる。分岐から45分程度で西別岳頂上、その後は根釧平野を望みながら急坂を下り、西別岳山小屋入口に。
●距離17.5km、高低差650m、コースタイム:6~7時間(休憩含まず)
●時間と体力に余裕のある人は、摩周岳往復で1時間プラス。
前日泊は美留和の宿を利用する。札幌からスーパーおおぞらで釧路、釧路から釧網本線で美留和駅。
送迎サービス(西別岳山小屋→養老牛温泉)の連絡や当日の昼食を依頼しておく。



DAY2/養老牛温泉~開陽台(第2,3ステージ)

北根室ランチウェイの名前の由来である大牧場、酪農地帯をのんびりと歩く。
時期によっては、牧場は牧草の刈り入れであったり、牛や馬たちが放牧されていたりでトレイルの状況も変化するので、事前に情報収集で確認する。
今日は午前に9.2kmの第3ステージを歩き、昼食は是非とも「中標津に歩く道をつくる会」事務所のある「レストラン牧舎」を利用してみたい。
午後からは開陽台を目指して、大牧場、地球の丸さを体感しよう。
●距離19.3km、高低差90m、コースタイム:5~6時間(休憩含まず)
●送迎サービス(開陽台→中標津空港or中標津町交通センター)は、スタート時に手配する。
※当日帰るなら、中標津空港→新千歳の空路か、深夜直行バスにて中標津→札幌が便利。どちらにするかで、当日の歩きのスピードと距離、コース選びが変化する。

PDF 版の「北根室ランチウェイの歩き方」はこちらでダウンロードできます